美容皮膚科で看護師として働くには?

美容皮膚科で働くメリットは?

美容皮膚科で働くメリットとして挙げられるのは、まずは夜勤や残業が少ないということです。病院で働いていると、夜間のシフトにも組み込まれることになりますが、美容皮膚科はそもそも夜間の診療は行っていませんし、お客さんが入院することはありませんので、夜勤や残業がかなり減ることになります。時間にも都合が付けやすい、これは大きなメリットになることでしょう。次に、給料は高いというメリットが挙げられます。看護師の仕事は夜勤が付きものですが、美容皮膚科では給料も同水準で、かつ夜勤も無いのが利点です。更に頑張り次第では給料も高くなる余地を充分に残している点も魅力です。若くても頑張って認められる仕事量をこなすことができれば、その分給料は高くなります。この他にも、排泄の介助といった汚れ仕事が少ない点もメリットと言え、生死に直結するような施術も少ないことから緊張やストレスといった面も軽減される点もメリットと言えます。

一方でデメリットとしては、看護師としての仕事以外の、接客の仕事や事務仕事が負担になることもある点が挙げられます。美容皮膚科での看護師の仕事は、半分が看護師の仕事、もう半分は接客の仕事と言っても過言ではありません。接客の仕事をしてみたいという方にとっては天職かもしれません。

仕事内容は?

美容皮膚科は美容外科と違い、施術はしても手術はしないという特徴があります。脂肪吸引や豊胸手術、整形手術は提供するサービスの範囲に入らず、これに伴って美容皮膚科での看護師の仕事も若干狭められることになります。具体的な仕事内容としては、脱毛レーザーによる施術やピーリングの施術、イオン導入の施術、ビタミン注射やプラセンタ注射といった施術や助手の仕事をこなす必要がありますが、これ以外にも事務的な仕事や接客の仕事も行う必要があるなど、幅広いスキルが必要とされます。

一般的な医療機関での看護師の仕事と美容皮膚科で看護師がやる仕事の大きな違いは、接客スキルが必要になるか否かという点です。美容皮膚科では、患者さんはどちらかというとお客さんの立ち位置になり、丁寧に接客しなければなりません。お客さんが遠のくという普通のお店のような現象も起こり得る世界ですので、接客スキルは必要不可欠です。病院ならば患者さんも通わなければなりませんが、美容皮膚科や美容外科では、患者さんは別にそのクリニックを利用しなくても他のクリニックを利用すれば良いわけですので、接客スキルは絶対に必要で、採用試験の中でも重視されることが多いため注意が必要です。

美容皮膚科や美容外科の給料は?

美容皮膚科や美容外科は、病院や大きな医療機関とは違い、基本的に自由診療での施術サービスを提供することになります。簡単に言ってしまえば、保険が適用されないサービスで、直接生命に関わらないような医療行為が提供されるのが美容皮膚科や美容外科といったクリニックの特徴となります。お客さんをどれだけ多く迎えられるか、利益を追求する、どちらかと言えば医療機関というより、サービス業を提供する企業のような立ち位置になり、給料についてもどちらかと言うと一般企業寄りの実力主義的な考え方に近いと言えるでしょう。

美容皮膚科での平均年収は、一般的な医療機関の看護師と大差はなく、400万円から550万円前後となりますが、公的機関に多い年功序列式の給与体系ではなく、実力主義に近いため、若い人でもこれより多く収入を得られる可能性も秘めています。若くても稼げる、この特徴に着目したいのであれば、美容皮膚科や美容外科への転職は非常におすすめです。もちろん手当なども充実しており、クリニックによっては特殊な手当を付けているケースもありますので、就職先を選ぶ際には入念にチェックしておきたいところです。住宅手当、残業手当などについてもしっかりと調べておきましょう。参考までに、転職を考えている方は美容皮膚科専門とした看護師求人サイトしてみてはいかがでしょうか。

美容皮膚科と看護師の給料

看護師は男女共に人気の高い職業です。以前は看護「婦」と呼ばれていましたが、昨今では男性の看護師も増えてきており、看護婦から看護「師」へと名前も変わることになりました。看護師になるためには、看護の専門学校や指定された大学に通い、必要となる科目を修了した上で、看護師の国家試験に合格する必要があります。看護師の資格があれば、多くの医療機関にて働くことが可能になり、医療系の仕事へと従事したい方にとっては比較的簡単な資格ということもあり、人気を博している職業となっています。

さて、そんな看護師という仕事ですが、収入はどの程度なのでしょうか。平成23年度の厚生労働省、賃金構造基本統計調査によれば、だいたい400万円から550万円という数値が出ています。年齢によって収入は異なり、20歳から24歳までは400万円、一番高い金額でも45歳から50歳の約550万円であることが分かります。もちろんこれは平均値ですので、あくまで目安の数値ですので注意してください。この金額について、「安い」と感じる方も少なくありません。キャリアアップしていったとしても、良くて600万円という収入が一般的な看護師の限界であると考えると、もう少し給料の良い仕事を探すべきかもしれませんよ。そこでおすすめなのが、美容皮膚科の看護師への転職です。美容皮膚科では給料についても一般的な看護師よりも稼げることもあります。当サイトでは美容皮膚科の看護師の仕事内容や求められるスキルについてご紹介していきます。