美容皮膚科の看護師の給料。他の病院とどう違う?

美容皮膚科の看護師の給料。他の病院とどう違う?

看護師が働ける先は様々なところがありますが、美容を目的にした皮膚科に就職することも可能です。
そんな美容皮膚科に就職に興味があるという場合には、きちんと仕事内容や役割、給料や年収などを調べてから就職先を探すことをオススメします。
一般的なクリニックで働く場合に求められる能力と、美容皮膚科で求められる能力などの違いを知ることも大切です。

美容皮膚科の仕事内容

まず、知っておきたいのが美容皮膚科の仕事内容です。
一般的な皮膚科とは異なり、美容皮膚科では美を求めて患者が来院します。体にメスを入れるなどの施術ではなく、文字通り脱毛や美白、アンチエイジングなど皮膚の悩みに対して治療していくことが主となります。そのため看護師がレーザー機器や注射などを使って施術することも多く、特に必要なの注射の技術です。

美容皮膚科ではコラーゲンを注入して美肌をつくったり、ボトックス注射によってシワの改善をする、プラセンタや美容成分の配合された点滴をして美容効果を得るなどの施術が行われます。どれも患者の顔や体に針を刺すという施術になるため、注射がうまい看護師が向いているでしょう。また、レーザー機器を使った施術も行われます。小さなホクロを残したい、という人もいるため些細なことでも注意することが必要です。

注射などの施術だけではなくコスメやサプリメントの販売も行っていることが多いため、その商品の使い方や効能などを知り、セルフケアのアドバイスを行うことも看護師の仕事です。その他、受付や電話対応、カウンセリング、滅菌作業や院内掃除などの雑務なども接客から医療補助まで幅広い仕事を担当します。

※※関連サイト※※
美容皮膚科の看護師の仕事内容

美容皮膚科の看護師の給料と年収

美容を目的にした治療は基本的には自由診療で施術を行います。つまり保険が利かないため、クリニックとしてはどれだけ患者を多く迎えられるか、利益を出すかなど医療機関というよりもサービス業のような立ち位置です。利益を求める傾向にあることから、そこで働く看護師も一般企業よりの実力主義的な考えに近くなっていくことが多いとされています。

美容皮膚科で働く看護師の平均年収は、一般的な医療機関の看護師と大差はなく400〜550万円前後が一般的だとされています。公共機関の医療機関では勤続年数などで給料は増えていきますが、実力主義に近いため若い人でも実力があればしっかり収入を得ることができるという特徴があります。若くてもしっかり稼ぎたいという場合には美容皮膚科や美容外科などの美容を目的にしたクリニックに就職することはおすすめです。

美容を目的にしたクリニックでは、月給30万円を超える給与が貰えるクリニックも多くあります。これは通常の皮膚科などに比べても高い給料となっています。

給料が高くなる理由

美容皮膚科など美容を目的にしたクリニックに勤めると、基本的には通常の医療機関に比べて高い給料をもらうことができます。給料が高くなる理由としては、自由診療であるということが挙げられます。自由診療であればクリニックが施術に対して好きな値段設定をすることができ、利益を出しやすくなります。

評判の良いクリニックであれば、多少高い料金設定をしたとしても患者がくるため利益率も高くなっていきます。利益が多いため、従業員である看護師の給料も高くなる傾向があります。また、報奨金制度を設けているクリニックもあり、そのおかげで給料はより高くなります。

報奨金制度とは、看護師が患者に対して今やっている施術とは別の施術を進めて契約してもらった場合に、契約件数に応じて報奨金が出るという制度です。営業が上手であればこの報奨金は多くもらうことができ、より高い給料をもらえます。
ただし、報奨金制度は成績によって変動するため毎月の給料が変動してしまいます。ボーナスもクリニックの売り上げに左右されるため、同じ額が貰えるとは限らないため注意が必要です。

※※関連サイト※※
美容皮膚科で働くなら医師の給料も知りたい

 

美容皮膚科に働くメリット

給料や年収が高いというのも大きな魅力ですが、美容皮膚科にはそれ以外にもメリットがあります。美容皮膚科の場合入院施設がないため、夜勤がなく日勤のみの勤務となっています。土日祝日は忙しいですが、それを除けば残業もほとんどなく、病院勤務と比べて体力的な負担も少なく、プライベートの時間を持ちやすくなります

また、美容を目的にしたクリニックは駅が近いなど立地条件が良いため、通勤時間も短くなる可能性も高いです。その他、脱毛や美容点滴、ヒアルロン酸注入などの施術は社員割引が可能となっているクリニックもあります。

※※関連サイト※※
美容皮膚科で看護師として働くメリット7選
喜ぶ看護師

求人を選ぶときのポイント

美容皮膚科の求人を探す場合には、いくつかポイントがあるためそれをチェックしながら選んでいきます。

≪給与体系と営業ノルマ≫

給与体系と営業ノルマがあるかどうかというのは一番はじめに気を付けたいポイントです。求人情報の中には給与欄に「月給」と「月収」と書かれていることがありますが、月給の場合基本給に固定の手当てを加えた毎月固定で支払われる金額のことです。対して月収の場合は報奨金が上乗せられた給与例であるため、きちんと月給を確認してから選ぶことが大切です。

クリニックの中には営業ノルマが求められるケースもあり、この場合働く環境に大きく影響するためチェックすることをオススメします。看護師以外のスタッフがいる場合にはその人たちが営業を行うため、看護師は営業活動をしなくても良いという場合もあります。

≪衛生管理≫

衛生管理がしっかりしているクリニックであることも重要です。衛生管理がなっていないクリニックは感染症などのリスクが高く、医療事故を起こす可能性も考えられるためです。きになるクリニックがある場合には、必ず訪問して清潔に保たれているか、雰囲気は良いかなどをチェックします。

≪理想や方針≫

クリニックの理想や方針があっているかも重要です。このような方針などは院長や看護師の考え方や行動に影響してくるため、共感できるかが大切となってきます。

≪在籍している医師に注目≫

その他注意したい点として挙げられるのは在籍している医師についてです。医師の施術テクニックが売り上げへとつながるため、信頼できる確かな技術を持った医師でなければ売り上げが伸びないとされています。そのため施術の評判などきちんと医師の経歴を調べることもオススメです。

求人を選ぶ時のポイントについて説明してきましたが、美容皮膚科の求人は人気ですのですぐに定員が締め切られてしまうケースもよくあります。そのような事態を防ぐためには。紹介会社に登録するなどしてから就職活動を行うことが大切です。

※※関連サイト※※
美容皮膚科の求人を探す時のチェックポイント!

美容皮膚科の看護師になるなら

美容皮膚科の看護師は給料が高く、年収も高い傾向にあります。
しかし、報奨金によって給料が変動することもよくあることを考えて基本給などをしっかり見てから、就職することが大切です。
また、美容皮膚科では技術だけではなくビジネスマナーや接客スキルも求められます。一般の医療機関とは異なるスキルが求められることを理解してから求人を探すことが重要となります。


Comments are closed.