美容皮膚科の看護師の求人を探すにはどこを見ればいいか

美容皮膚科の看護師の求人を探すにはどこを見ればいいか

大学病院や、規模の小さな診療所など看護師が働くことができる医療機関には様々なものがありますが、美容皮膚科の看護師に興味を持っている人も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、美容皮膚科で働くことを考えている看護師の方や看護師を目指している方に向けて、美容皮膚科の看護師の求人に見られる特徴や求人を見る際のポイントについて解説します。

美容皮膚科の仕事内容とは?美容外科とはどう違う?

美容医療を施す医療機関には、主に「美容皮膚科」と「美容外科」の二つがあります。
美容外科では、メスを用いた「美容整形」を主に行います。まぶたを二重にする手術や豊胸手術などは美容外科で受けることができます。そのため、他にも様々な業務がありますが、美容外科の看護師は手術室での介助という業務があることが特徴です。
美容皮膚科はメスを使わない美容医療を行う医療機関です。皮膚科の知識を生かしてシミやシワ、肌荒れなど皮膚の美容に関する悩みに対して治療行為を行います。美容皮膚科は、医療機関なのでレーザーを使った脱毛も提供できます。美容点滴も美容皮膚科で実施している治療内容に含まれます。美容皮膚科の看護師は、コラーゲンを注入する時など、注射をする機会が多いのでその技術が問われます。また、保険適用外の治療が多いので、患者さんに対してはより丁寧な対応が求められます。接客が得意な人はその能力を生かすことができる職場であると言えるでしょう。

美容皮膚科の求人の特徴とメリット

美容皮膚科は、大学病院とは異なり入院する患者さんがいません。なので、看護師は日勤のみになることがほとんどです。診療時間外に緊急の治療が入るということもなく、土日祝日などでいつもより患者さんが多い日などを除けば残業が発生することもありません。そのため、夕食をとる時間や、睡眠の時間をしっかり取ることができるので生活が安定させることが可能です。睡眠の質の良し悪しは肌の調子にも繋がります。美容皮膚科は、自らの美容にも気を使いたいと考える人にとってもメリットが大きいと言えるのです。
給与に関しても条件が良いところが多いです。日勤のみで月給が30万円を超えるところも少なくありません。美容医療には保険適用外の治療が多く、治療費が比較的高くなるため利益率が高くなり、従業員への給与も高くなる傾向にあるのです。

美容皮膚科が初めてなら未経験も可とされている求人がおすすめ

好条件で働くことができるクリニックが多いと言える美容皮膚科ですが、その中でも高い給与が期待できる求人には多くの応募が集まるので未経験者だと採用してもらうことは難しくなります。美容医療の経験が少ないという人は、求人情報に「未経験でも可能」「研修制度が充実」などの記載があるクリニックに注目してみましょう。
美容皮膚科は、たくさんありますがクリニックごとに求める人物が異なります。経験が者のみの募集と記載するところはあまりありませんが、未経験者やブランクがある人も歓迎する旨の記載がない場合、即戦力を求めている可能性が高いです。また、未経験者をじっくり教える体制が整っていない場合もあるので給与が高いなどの魅力があっても未経験者が応募するにはリスクが高いと言えるでしょう。働きながら、美容皮膚科の看護師として必要な技術を身に着けていきたいと考えるなら、研修制度が充実しているクリニックを選択しましょう。

正社員採用なのかパート採用なのか

募集する看護師の雇用形態も確認しておきたいポイントの一つです。なるべく多く稼ぎたいと考えるのであれば、正社員採用をしてくれる美容皮膚科に入ることが望ましいと言えます。正社員採用であれば、月収制度になるので安定した収入源となります。研修期間中でも月給が30万円を超えるクリニックもあるので、就職してから最初の数カ月の生活も安心です。
美容皮膚科にはパートの看護師を募集しているところもあります。パート採用の場合、正社員よりも少ない日数で働くことが可能です。家系を助けるために看護師の仕事を生かして、また仕事を始めたいといったようなブランクからの復帰を考える主婦の方にもおすすめです。美容皮膚科は、少ない日数、勤務時間でもしっかりと稼げるところが多いので、家事などに回す体力と時間も残すことができます。

休暇を取りやすい職場であるかどうか

休暇をしっかり取ることができるかを確認することも、求人を見るとき重要と言えます。週休二日制であるなら、その内容も見ておきましょう。「休診日+週一日の公休日」など、週休二日にも様々な形態があります。シフト制を採用しているところが多いですが、シフトの変更も可能な融通の利く職場は働きやすいと言えるでしょう。
有給休暇など、その他の休暇に関する制度の充実度も重要です。有給休暇の取得率が高いことをアピールする求人があれば、実際に有給休暇を取りやすい職場環境がある可能性が高いです。有給休暇以外にも、産後休暇、介護休暇や年末年始休暇など休暇の種類が多い職場はスタッフの数が多く、お互いをカバーし合える余裕があるクリニックが多いです。

インセンティブ制度の有無を確認!

美容皮膚科には、看護師に対して、インセンティブという成果に応じて報酬が給与と一緒にもらえる制度を実施しているところがあります。インセンティブ制度は、その看護師がおすすめしたことで成立した契約の件数に応じて給料に上乗せするという仕組みとなっています。インセンティブ制度が採用されているクリニックだと、同じ職場で働いていてもその収入に大きな差が生まれます。治療を考えている人が、契約をしたいと思うような説明ができる能力が問われます。医療機関以外で、営業活動の経験がある人はそこで得た技術を生かして収入を上げるチャンスがあると言えます。
インセンティブ制度は、看護師によって収入に差が生まれてしまう制度ではありますが、新規で獲得した契約件数が少ない看護師に対して給料の減額を行うというものではありません。インセンティブ報酬があまり得られなかったとしても、その制度があるクリニックは給与が高いところが多いので、求人を見るときは、確認しておきましょう。

求人の内容が守られているかを面接で確認することも忘れずに

求人の内容は、その美容皮膚科で看護師はどのように働いているのかを知るために細かいところまでしっかり見ることが大事です。しかし、最終的には、自分の目で判断することが必要です。面接などで訪れたら、医師・看護師の人数や雰囲気など働きやすい職場であるかどうかを確認しましょう。また、改めて労働条件や仕事内容についても詳しく説明してもらうようにしましょう。


Comments are closed.