美容皮膚科で看護師として働くには?

仕事内容は?


美容皮膚科は美容外科と違い、施術はしても手術はしないという特徴があります。脂肪吸引や豊胸手術、整形手術は提供するサービスの範囲に入らず、これに伴って美容皮膚科での看護師の仕事も若干狭められることになります。具体的な仕事内容としては、脱毛レーザーによる施術やピーリングの施術、イオン導入の施術、ビタミン注射やプラセンタ注射といった施術や助手の仕事をこなす必要がありますが、これ以外にも事務的な仕事や接客の仕事も行う必要があるなど、幅広いスキルが必要とされます。

一般的な医療機関での看護師の仕事と美容皮膚科で看護師がやる仕事の大きな違いは、接客スキルが必要になるか否かという点です。美容皮膚科では、患者さんはどちらかというとお客さんの立ち位置になり、丁寧に接客しなければなりません。お客さんが遠のくという普通のお店のような現象も起こり得る世界ですので、接客スキルは必要不可欠です。病院ならば患者さんも通わなければなりませんが、美容皮膚科や美容外科では、患者さんは別にそのクリニックを利用しなくても他のクリニックを利用すれば良いわけですので、接客スキルは絶対に必要で、採用試験の中でも重視されることが多いため注意が必要です。


美容皮膚科で働くメリットは?
Previous post
美容皮膚科や美容外科の給料は?
Next post